出会い系に潜む結婚詐欺に注意

お金のやり取りはダメ

相手は騙しのプロ

出会い系サイトを利用しているというと周りはどういうイメージをするのでしょうか?

多くの人がやめておきな!サクラに騙されても知らないよ?って言われたり、事件とかあったから怖いそうという印象を持つ人もいると思います。

たしかに出会い系サイトなどで利用者同士の事件やトラブルがニュースとかで流れるとやはり怖いなぁ~ってイメージがつくと思います。

どうしてもインターネット上での出会いとなると1個の事件が苛烈に報道されてしまいますのでイメージが悪くなりがちです。

実際はインターネット上でたくさんの人が出会い結婚に至っているのですが、どうしてもイメージとなるとまだ払拭できていない部分もあるからです。

そして事件やトラブルに発展した以上はそういった出会い系サイトを悪用する輩もいるということを覚えておかなくてはいけません。

出会い系サイトは今婚活としても利用する人が増えてきています。

まじめな恋愛を求めている人たちをターゲットにしようとする結婚詐欺師や体目的で近づいてくる人も多いので気をつけるようにしましょう。

出会い系サイトには昔から男性をターゲットにしている美人局と呼ばれる手口がありました。出会ってホテルに行くと後から男性が出てきて恐喝されて金品を取られてしまうというものです。

それと同じような形で「結婚詐欺師」という手口があり女性をターゲットにしているので気をつけましょう。

割り切りの関係を求めているのであればその日限りの関係で終えることが可能ですが、まじめに真剣な出会いを求めている人は気をつけなくてはいけません。

そしてよく勘違いしている人が多いですが、結婚詐欺師なんかに騙されるはずが無いと思ってしまう人もいますが、結婚詐欺師は馬鹿では出来ません。

相手を信用させる話術だったり、相手の懐にスッと入っていく人間観察力などがずば抜けて高くないと出来ません。

特に恋愛となると女性を芯から惚れさせないといけません。よっぽど頭の切れる人間で無いと難しいのです。

ただし、結婚詐欺師というのは最終的にお金になります。

自分からお金の話をするのではなくて女性のほうから金銭的に困っているの?って言わせてそこで始めてお金の話をしたり、このまま関係を続けていくことは出来ないといって別れを切り出したりします。

女性のほうから通帳を渡すような行動をさせようとしむけるのです。

お金のやり取りだけは絶対にしないようにしましょう。

お金を渡してしまったらその後はもう連絡が途絶えてしまったりするわけです。

「結婚歴を偽っている」「実は子供がいた」なんていうこともあれば、体だけが目的で関係を持ったらすぐに連絡が取れなくなってしまうようなパターンもありますので気をつけましょう。

借金を返済をすれば結婚をしたいとか、自分の親が入院中で入院費用を稼ぐ為にどうしても今は忙しくて副業としてアルバイトをしていても足りないから借金をしようと考えているとか色々な言い回しでお金を請求してきます。

詐欺師は基本的に自分からお金を要求してくるだろうと思っている人が居ますが、違います。

詐欺師はお金を出させるのです。お金が欲しいと言ってくるのであれば見極めは非常に簡単です。

しかし、自分が大好きな人だからこそなんとかしたいという気持ちにさせるのです。

自分から納得してお金を渡しているという思いから騙されているとは気付かないことが多いです。

出会い系サイトだけではなくて婚活サイトなどでも起こりうる可能性は十分にあります。

気をつけるようにしないと気付いたら預金通帳に長年貯めていたお金だけがなくなってしまうということもあります。

また信用を勝ち取るまでにそれまでは優しく本当の恋人のように接してきます。

1週間やそこらでいきなりお金の話題を振ってくるわけではないので見極めが本当に難しいのもあります。

どうしてもお金の貸し借りをしなくてはいけないと思ったら必ず直筆のサインと契約といった形で書面に残すことと運転免許証などのコピーをすることです。

貸した証拠を持たないと何の意味もなくなってしまいます。

もしそれでもいいなら私も信用したいけど必死になってお金を貯めたものだからといえば普通に借りる側としても納得できるはずです。

借用書などを書いてもらおうとした途端に相手がそれを拒否したりしてきたら返す気がないということでもあります。

是非とも自分で出来る最低限の対策方法はとっておくようにしましょう。

恋愛中というのはどうしてもこの人しかいない!とかこの人に手放してしまったらもう後が無い!とかこの人は私がいなかったらもう駄目!って思ってしまうわけです。

婚活中の場合は特に結婚に焦っている人もいるのでターゲットにされてしまいます。

身内の不幸話や儲け話、独立の話が出てきたら警戒は必要です。

結婚詐欺師に出くわすことは限りなくゼロに近いと思いますが、世の中には結婚詐欺師がいるということは覚えておかなくてはいけません。