出会い系で相手と電話を話す時のポイント

ゆっくりと話す

焦らず聞き上手になろう

大手出会い系サイトのほとんどには電話機能が備わっていてお互いの電話番号を知られずに電話で会話を楽しむことが出来ます。

この電話機能は基本的に仲良くなってから電話をすることで相手との距離をグッと縮めることが出来ます。

出会い系で相手と電話を話す時のポイントを紹介していきます。

基本的に電話をするというのは相手の時間を奪うことになるので長電話はあまりしてはいけません。

メールであれば片手まで出来ますが、電話の場合は相手の会話を聞いて答えなくてはいけませんので片手間では出来ないのです。

頻繁に電話をすると相手はうんざりしてしまう人も多いです。特にまだ付き合うとか判断できない状況で何度も電話をするのは控えたほうがいいです。

会う前に電話をする場合は短く会う予定を決める時のほうが良いでしょう。

メールだと会う日程を調整するのに時間がかかってしまうこともありますので電話のほうが手っ取り早いので予定を聞くときに電話で話しましょうと誘いましょう。

電話をする前に必ず事前にメールで電話をかけてもいいですか?電話で予定を決めれたらって思いますと伝えましょう。

相手の用事があるだろうと考えて突然電話をするのはやめましょう。

また会話をする内容はあらかじめ用意をしておいてからメールで電話をしてもいいですか?って聞くようにしましょう。

無計画に何も考えないまま電話をしても会話が盛り上がらないです。

ある程度どんな会話をするか想定をしましょう。

人は緊張したりすると早口になってしまいがちです。

早口になったら相手に聞き取りづらいですし、相手も焦られてしまいます。

会話をする時はゆっくりと穏やかな口調で優しく言うようにしましょう。

最初の言う台詞は

「はじめまして!と言ってその後に電話に出てくれてありがとう」と伝えるようにしましょう。

最初のあいさつに感謝の気持ちを伝えることが重要です。

また会話の時間は長ければ長いほどいいというわけではありません。

沈黙が続くようであればわざわざ引き止めたりせずに5分でも10分でもいいので相手のトーンを聞きながら続けるか切り上げるかの判断をしましょう。

また電話口から聞こえてくる音についても気を使いましょう。

たとえば洗濯機を回している音だったり、何か作業をしていたりする場合は相手は忙しいかもしれませんからその時も気を使って用件だけ伝えましょう。

逆に自分も何かしながら会話をしている時は意外と生活音というのは電話口から伝わりやすいので気をつけてください。

特に何か口に物を入れて喋ると咀嚼音などがかなり響きます。

クチャラーという言葉があるように人の咀嚼音はかなり深いなので気をつけるようにしましょう。

電話に緊張して何も頭に思い浮かばないという人も特に最初の電話というのは緊張するものですから緊張をほぐすためにちょっとした下ネタを言うのも良いかもしれませんが、言いすぎは引かれるので注意しましょう。

また電話をするのであればやはりいつ会えるのかとかなどのデートの約束をこぎつけるのが一番です。

もちろん用件だけを伝えるだけではなくて会話が盛り上がったら時間を延ばして電話をしてもいいと思いますが、出会い系サイトで電話をするとお金も結構かかってしまいますので気をつけたほうが良いです。

お金の面や最初は会話に詰まりがちになってしまうことを含めて長くても20分以内には電話は終えたほうが良いかもしれませんね。

また電話の最後にも必ず会話できて楽しかった!ありがとう!というお礼を伝えるのも忘れないようにしましょう。

礼儀がしっかりしているというのは社会人として当たり前のことですが良い印象は与えることになります。

一言付け加えるだけで相手の反応は変わりますし、お礼や感謝を言われて抵抗を感じる人はいないので積極的に伝えるようにしましょう。